東京都大田区、目黒区、世田谷区、品川区、町田市、多摩市 の 雨漏り修理、屋根修理、防水修理、水漏れ修理なら 東京水漏れ・雨漏り修理センターにお任せください。

運営元 アースホーム合同会社

東京水漏れ・雨漏り修理センター

本社231-0055 横浜市中区末吉町4-89-2
営業所
東京都大田区西糀谷4-17-10
東京都品川区大井5-1-30

受付時間:9:00~18:00 

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

東京都目黒区

東京水漏れ・雨漏り修理センター(雨漏り修理、屋根修理、防水工事、屋根葺き替え、水漏れ修理)

東京都目黒区

東京都目黒区にお住いのお客様へ

東京都 目黒区 の 雨漏り修理、屋根修理、防水工事、赤外線雨漏り調査、水漏れ修理、なら

お任せください。

東京都目黒区 雨漏り事例

外壁タイルからの雨漏り 東京都目黒区

防止が劣化して雨漏りしています。

東京都目黒区

外壁面の状態

タイルが浮いていました。

瓦屋根が原因の雨漏り 東京都目黒区 

室内から雨漏りしています。東京都目黒区

室内雨漏り状況

瓦屋根の状態

互の浮き

室内天井に雨漏りしています。

大雨の時に雨漏りしているので、目視では棟の瓦と瓦の浮いている部分の両方に

雨漏り原因があります。

棟の積み直しと、瓦の隙間の処理が必要です。

定期的にお屋根点検しましょう。

1階和室に雨漏り上部はベランダ ベランダ原因の雨漏り 東京都目黒区

戸建て1階天井から雨漏りしています。東京都目黒区

室内 雨漏り箇所

雨漏り上部 ベランダ防水状態

 雨漏り原因
防水とサッシの絡み部分

風が強り時のみ雨漏りするとのことですので、窓のサッシから伝わった雨水が

風でサッシと防水のカランでいる部分にかかり室内に侵入しているものと考えられます。

防水の施工とベランダ内の外壁塗装、窓サッシ回りのシーリングを行うのがベストな工事になります。

天井からの雨漏り セメント瓦劣化 東京都目黒区

室内天井から雨漏りしています。東京都目黒区

室内 屋根裏
雨漏り箇所

セメント瓦の状況

雨漏り原因
セメント瓦が中途半端にされており口が開いているところから入った雨水が抜けないので雨漏りしている感じです。

築がかなり経っており、賃貸物件であるので、低予算で修理との依頼です。

セメント瓦の場合、既に生産もしておらず、年数が経っているとしh全に割れてくるような

屋根材なので扱いが難しいです。

今回の場合は、何度か塗装されており、瓦の状態はまだいいのですが、塗装が中途半端に

なり雨漏りしています。

提案としては

①全面葺き替え②防水塗装③縦の隙間をシーリング

などになります。

カラーベスト・スレート屋根面からの雨漏り 東京都目黒区

外壁と鉄階段の外壁部分が鯨飲でサッシのねじ部分から雨漏りしています。東京都 大田区

雨漏りしてい天井

雨漏り箇所の屋根状況

雨漏りの部分の屋根裏状況

部分的でも葺き替えが必要になります。

ベランダの防水・内壁劣化による雨漏り

室内から雨漏りしています。東京都 目黒区

室内状況

赤外線画像

上部のベランダ状況

台風以降雨漏りが始まりました。

料が多い雨だと雨漏りしています。

ベランダの防水と扉の絡みと、外壁のクラックとが原因だと考えれます。

防水と内壁の塗装が必要です。

 

東京都目黒区 工場の折板屋根からの雨漏り

室内天井から雨漏りしています。東京都目黒区

雨漏り箇所 
天井数箇所から雨漏りしています。

雨漏り上部の折板屋根の状態

雨漏り原因
勾配が一部悪く水が少し溜まりながら流れています。

複雑にカバー工法されており、2段くらい屋根材が重なっています。

勾配が悪いので、溢れて雨水が雨漏りの原因です。

この屋根の工事をした業者が何度も手直しをしたが雨漏りが治らなかったのでとの

依頼でした。散水試験ですぐ確認できました。

東京都目黒区 柱、壁の変色で発見の雨漏り

室内天井から雨漏りしています。東京都目黒区

雨漏り箇所 
 室内 雨漏り状況

屋根裏 雨漏り状況

雨漏り箇所の上部の屋根の状況です。屋根材が傷んでいます。

詳細ページで写真がありますが、外壁との辛みの板金施工が、あまりよくないのと

そこから雨漏りしていて、屋根下地も傷んできて屋根材が割れたり、釘が見えています。

この部分の屋根だけは葺き替えが必要です。

雨漏りの対処方法

例えば屋根上からの浸水は屋根下から構造材を伝わり柱や壁へ滴り落ち一階の床を濡らす事さえあります。
要は雨漏りは家屋内で迷路のように走っており、シミ、雨漏りでの濡れが出ている箇所が、根本的な雨漏りの箇所で無い事が多いのです。
雨漏りの修理より雨漏りの特定箇所を突き止める為の調査のが大変です。
ですが経験上パターンがあります。基本的には雨漏りしている場所を特定できればコーキング、または、その部位に雨水がかからない様な処置(ブルーシートなど)で、一時的には、雨漏りを止められます。

まずは、雨漏り箇所の頭上の場所を目視で瓦や棟包み、壁の亀裂、サッシの隙間、庇ベランダ、などを確認します。
亀裂や、隙間などがないにも関わらず雨漏りすれば雨じまいが悪い部分から毛細管現象により、雨が家屋内に侵入し高い部分から低い方へ水平方向も勾配が低い方へと流れて
来ていると考えられます。

  1. 屋根面のつなぎ目、屋根同士の重なりの部分
  2. 棟の包み板金、瓦では、棟の瓦
  3. ベランダの接続部分、ベランダ下の屋根面
  4. サッシの壁との隙間
  5. 庇と壁面の隙間
  6. 外壁の亀裂、サイディング

上記な箇所が、多いです。

大きく言うと2つです

  1. 屋根や壁やベランダやサッシの接合面
  2. 劣化による損傷、隙間

上記を確認して見て下さい。
ご自分で無理そうとか、場所的に確認出来なければ、お助け致します。
状況の確認や、修理のお見積は、無料です。

代表的な雨漏りの修理方法をご紹介します。
雨漏りの原因箇所が特定でき、さらにそれが小規模のものならば、ご自分で直せます。反対に雨漏りの原因箇所が大規模であったり、足場がなければ手の届かないような場所、技術が要する修理などは、専門家にお願いしましょう。

コーキング修理、外壁にできたクラック(ひび割れ)や、ドアやサッシの周辺部、ベランダや屋上の笠木などが雨漏りの原因の場合には、一般的にコーキングで修理することが多いす。
手が届く範囲であれば、ご自分でコーキング出来ます。
ただし、コーキングとは、あくまで傷口に絆創膏を貼るようなもので、抜本的な補修工事とはいえません。コーキングが切れてしまえば、雨漏りが再発するという事をふまえ、予算に合わせた補修工事をしましょう。

コーキングで止まらない様な雨漏りは、サッシ、屋根、防水など工事が必要になる事が多いので専門家にまかせましょう。

屋根修理・雨漏り修理の注意点

屋根・防水の事が全く分からないお客様。どこに頼めば良いのか思案されているお客様。業者本位・利益本位のメンテナンスを避ける為にも下記の項目の確認をお願いします。

雨漏り修理・屋根修理の共通注意点

①不安を煽る営業

 ・雨漏りして、部屋に雨水が侵入してもすぐに木が腐ることは、なかなかありません。

 ・木部の腐れがある場合は、前から雨漏りしており築いたのが遅いだけです。

 ・不安を煽るような営業があれば注意しましょう!

②単価は安いが寸法の水増し、意味が分からない項目、追加工事

 ・単価は安いが、積算面積が水増しされているなど

 ・項目に内容がわからない項目があるなど

 ・追加工事の可能性がある場合には、きちっと知らせてくれる業者を選定

  解体を含む工事などでは、解体した後に見積もり想定外の事がある可能性が

  あります。そのことをよく確認してください。

③部分修理もできるのに全体的な修理見積もり

 ・お客様とのヒヤリング不足もありますが、修理の大小などについては、

  なるべく要望を聞いてもらえる業者にしましょう。

  建物の築年数や今後の考え方などで修理方法はかなり変わってきます。

●瓦屋根の場合

部分修理でも修理可能であるのに、屋根葺き替えの提案

古い漆喰を剥がさないで重ね塗りや塗り過ぎた面土漆喰工事の修理提案

・コーキングによる瓦屋根全面塗布

 雨漏りの修理では、有効な工事ではありません。

スレート屋根の場合

・雨漏りの修理での屋根塗装の提案

・勾配があまりない屋根においての雨漏りで、同じ屋根材での葺き替え提案

・コーキングによる修理(屋根面をコーキングで修理する場合はよくご確認ください。)

・部分修理でも修理可能であるのに、屋根葺き替えの提案

トタン系屋根の場合

部分修理でも修理可能であるのに、屋根葺き替えの提案

防水工事の場合

塗装屋と防水屋は違います。

 よくあるのが、塗装時に塗装屋さんに防水も一緒に頼んで、塗装屋さんが行った

 知識不足の施工不良

下地の状態によって防水材の選定、水切りの新設等必要な場合があります。
 

屋根の修理、屋根の葺き替え、雨漏り修理の時には、上記を参考にご判断ください。

雨漏り修理事例 東京都目黒区

雨漏り修理 コロニアル屋根の部分張替工事 東京都目黒区

雨漏りの修理で屋根工事しました。

東京都目黒区です。

  • 症状
    2階 天井からの雨漏り
     
  • 作業
    屋根の縁切り原因

工事前写真の✖の部分の屋根裏から雨漏りしています。

勾配もあるし屋根を剥がしてみないと、雨漏り原因は特定できないです。

剥がしてみるとアスファルトルーフィングが破れていました。

雨漏り修理 5階建てマンション屋上 東京都目黒区

雨漏りの修理で屋根にウレタン防水工事しました。

東京都目黒区です。

  • 症状
    5階の天井から雨漏り
     
  • 作業
    屋根の縁切り原因(シングルベスト)

屋上はシングルベストが施工されています。それに塗装しておりその塗装が酷かったです。

費用対効果でウレタン防水を施工いたしました。

屋根材に水分が残っているので、通気緩衝工法を選択しました。

ウレタン防水の特徴と工法はこちらへ

サービスの紹介

雨漏り修理

屋根修理

詳細はこちら

赤外線雨漏り調査・診断

お問合せはこちら

東京水漏れ・雨漏り修理センターのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 雨漏りで困っている。
  • すぐ来てくれるのかしら?
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 概算の費用だけでも知りたい?
  • 相談だけでもいいかな?
  • 臭いがするだけなんだけど?
  • 質問だけでもしたい?

といったお悩み相談でも構いません。
あなた様からのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9:00~18:00

東京都目黒区 対応地域

152-0001 東京都目黒区中央町
152-0002 東京都目黒区目黒本町
152-0003 東京都目黒区碑文谷
152-0004 東京都目黒区鷹番
152-0011 東京都目黒区原町
152-0012 東京都目黒区洗足
152-0013 東京都目黒区南
152-0021 東京都目黒区東が丘
152-0022 東京都目黒区柿の木坂
152-0023 東京都目黒区八雲
152-0031 東京都目黒区中根
152-0032 東京都目黒区平町
152-0033 東京都目黒区大岡山
152-0034 東京都目黒区緑が丘
152-0035 東京都目黒区自由が丘
153-0041 東京都目黒区駒場
153-0042 東京都目黒区青葉台
153-0043 東京都目黒区東山
153-0044 東京都目黒区大橋
153-0051 東京都目黒区上目黒
153-0052 東京都目黒区祐天寺
153-0053 東京都目黒区五本木
153-0061 東京都目黒区中目黒
153-0062 東京都目黒区三田
153-0063 東京都目黒区目黒
153-0064 東京都目黒区下目黒
153-0065 東京都目黒区中町